いつか観た映画の会 2020.9.4

自主映画上映、演劇やライブ、YouTubeスタジオの様々なスタイルに対応する空間

いつか観た映画の会 2020.9.4

2020年8月31日 いつか観た映画の会 イベント 映画 0

アザーズ

ストーリー

第二次世界大戦の終結直後のチャネル諸島ジャージー島が舞台。グレースは色素性乾皮症を患う娘アンと息子ニコラスの3人きりで、広大な屋敷で暮らしていた。夫は出征したまま帰ってこず、使用人もおらず、不安な日々を送る家族の元に、新しい3人の使用人が現れる。それを境に、屋敷で不可解な現象が次々と起き始めた。

グレースの子供たちは日光が害になるために、厚いカーテンを閉め、ランプの灯りで生活していた。子供たちを安全に、信心深く育てるために、全精力を注ぐグレース。だが、誰もいない階上からの物音や、見知らぬ子供の泣き声がグレースを混乱させた。男の子とその親たちが、この屋敷に入り込んだと話すアン。

お清めを頼むために、神父を呼びに行くグレース。しかし、深い霧に遮られて村には辿り着けなかった。霧の中で夫のチャールズと出会い、屋敷に連れ帰るグレース。だが、チャールズは忽然と姿を消してしまった。3人の使用人も、50年も前にこの屋敷で死んでいたことを知るグレース。スペインにあるLos Hornillos Palace。外側が映画に使用された

3人の使用人は、この屋敷の秘密を知っていた。かつてこの屋敷では、母親が我が子を殺し、自殺する事件が起きたのだ。屋敷の中では生者と死者が折り重なるように暮らしているのだった。「互いに気づくことも、気づかないこともある」と、グレースに教える使用人たち。

見えなかった侵入者の家族を屋敷から追い出すことに成功するグレース。何が起ころうと、この屋敷はグレース親子の家なのだった。

しばしば見られるようなホラー作品とは異なり、血や残虐な暴力などのグロテスクな描写がほとんどなく、主人公や助演者らの緊張に満ちた表情、明暗のコントラストやズーミングの画面、そして空間を断ち切るような場面描写によって、不可解の心理的な恐怖を全面に出す作品に仕上がっている。その悲しく切ない謎のストーリーは、驚愕のラストにいたって解き明かされ、104分間のスリリングな時間が締めくくられる。

島の古い屋敷が舞台とはいえ、カメラはこの風光を存分に映し出すことなく終始屋敷内に留まって、出入りする登場人物だけを追い、物語は完結する。また、脚本の主要な部分であるとされる二人の子どもの病についても、屋敷の内外を敢えて遮断し、内的空間を強調するための場面構成手法の一部でしかない。終戦に至るまでドイツの支配下にあったというこの島の歴史的現実背景も物語に関与することなく、ただ只この屋敷に置かれた主人公家族、ひいては主人公の女性ひとりの不幸な境遇だけがストーリィの骨子である。ニコール・キッドマンが演じるこのヒロインだけが現実的で鮮やかなピントの映像で写され、二人の子どもたちですら幻想的に映像処理がなされている。原作本をもたない、監督自らの構想・脚本による映像化ならではの表現である。目立たないが、要所に現れてミステリィを支える音像も監督自身の作曲によるものである[3]

外側から屋敷の全体像を捉えるラストシーンにおいて、謎の最後の部分が暗示的に解明され、この映画の不安・恐怖へのカタルシスともしている。

Wikipediaより引用しております。

かなり前に観た覚えがあります。
衝撃的な終わり方でしたが、人を信じる力の偉大さが切なくもあり、共感できる部分が結構あったように思います。改めてアザーズについて語れるのは嬉しいことですね。賛否両論になる気はしますが、他の方の捉え方とか知りたいですね。

お誘い合わせの上、ご来店ください。

参加費1000円+1ドリンク以上の注文をお願い致します。

18:00 開店

19:00から開始になります。

お時間の許す限り。アザーズを語り尽くしましょう!!!

by てんちょー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です